レッサーパンダ共和国

カテゴリ:セントルイス動物園( 13 )

The Best ZOO in North America (7)

b0207658_11431547.jpg


霊長類の展示場は日本でも手厚く立派に造られていますが、アメリカではそれがさらに顕著です。
その広さは日本の比ではありません。
すぐ目の前のガラス張りエリアに来てくれたら超ラッキーです。

b0207658_1149044.jpg


そうでないときは望遠もさほど大きく撮れません。
双眼鏡を持つ人もいました。


そして3色目の機関車はブルー

b0207658_11515958.jpg


まるで戦隊モノでも紹介する雰囲気になってきました。


b0207658_115473.jpg

by klooney | 2011-10-07 12:00 | セントルイス動物園

THE Best ZOO in North America (6)

グリズリー
その大きさと迫力は日本のヒグマの1.5増しの感じ。

b0207658_200264.jpg


首から後ろのウエイビーな毛並み、
触ってみたいけど、、、無理だな。

b0207658_201328.jpg


プーさんみたいな格好してるけど、プーさんのモデルになったとは到底思えない図体。

b0207658_204433.jpg


こーんな感じの展示スペース
当動物園の一番人気です!
by klooney | 2011-09-27 20:05 | セントルイス動物園

THE Best ZOO in North America (5)

黒いキリン
下半身は茶色

b0207658_14541729.jpg



そして、機関車2色目は鮮やかなレッド

b0207658_1459173.jpg


b0207658_156269.jpg

by klooney | 2011-09-26 14:52 | セントルイス動物園

The Best ZOO in North America (4)

b0207658_16322522.jpg


CAT系はなかなか目線をくれませんよね。
ジャガーのこんな落ち着いた全体図を見れる事は珍しいようです。
それにしても美しい模様だなあ。



一転プレーリードック
落ち着かない皆さん
b0207658_16301482.jpg


でもこの群がってる鳥たちって、、、
下にいっぱい落ちてるの食べれば良いのに何でプレーリーにせがむんだろ?

b0207658_16303961.jpg




人気ブログランキングへ
by klooney | 2011-09-21 16:16 | セントルイス動物園

The Best ZOO in North America (3)

b0207658_19374523.jpg


チータの放飼場前でお子ちゃまにチータの頭蓋骨で説明をしている、チータのようにかっこいいお姉様。
腰に巻いているスカーフはユキヒョウ柄ですが。

b0207658_19291636.jpg


ホンモノのチータはもちろんカッコいい。
茂みの中からなかなか出て来ないのでシャッターチャンスは短いのです。


人気ブログランキングへ
by klooney | 2011-09-20 19:44 | セントルイス動物園

The Best ZOO in North America (2)

SnowLeopard
b0207658_1057206.jpg



展示場に鉄の檻を一切使用しないアメリカの動物園。
囚われているイメージを払拭する以上に、撮影者にはGOODな環境を与えてくれます。
絞り込んでピントをうまく合わせれば鉄網は消えてくれます。

AmurLeopard
b0207658_11112297.jpg


Big Cat Countryエリアにはこんな感じの展示ブースが6つ


人気ブログランキングへ
by klooney | 2011-09-15 06:23 | セントルイス動物園

The Best ZOO in North America (1)

AmurLeopard
b0207658_525544.jpg


今年もアメリカ合衆国ミズーリ州セントルイスにあるSt.Louis ZOOに行ってきました。
(約1年ぶりです)
この動物園が北米でナンバー1の評価を受けている所以は、決して動物の展示数の多さのみではなく、
料金、アトラクション、展示方法、いかに市民に愛されているか等々の総合評価なんです。

料金は無料
これだけの展示数の動物、従業員、、、いかにして維持しているのか?
日本だとほとんどの動物園が行政の運営で維持も税金でまかなっていますが、アメリカではそのほとんどを企業や個人の資産家の寄付によって運営しています。
しかもその金額は半端な数字ではありません。
Donation への意識の日米差は相当な違いがありますね。


b0207658_5472150.jpg


以前も紹介した園内を1周するミニチュア機関車。
動力は音と匂いからして小型ディゼルエンジンのようですね。
忙しい土日には4機をフル回転で稼働させています。
色が全部違いますので、後ほど紹介してゆきます。


b0207658_5531263.jpg


午前中のの涼しい時間にしか動かない大型ネコ科のコーナーに。
ライオン、ジャガー、ユキヒョウ、アムールヒョウ、ピューマ、アムールタイガーが一同に会している豪華コーナー!

b0207658_5592158.jpg


SnowLeopard
b0207658_692122.jpg



人気ブログランキングへ
by klooney | 2011-09-14 06:23 | セントルイス動物園

全米NO1セントルイス動物園 Others2

b0207658_13262896.jpg

レッサー舎となりのプレーリードック


b0207658_13352585.jpg

グリズリーagain!


b0207658_1340737.jpg

レッサーの表示はこれのみ
名前もないけど展示動物に名前をつけるのって日本とドイツくらいなのかな?


b0207658_13464173.jpg

ラクダの親子
ファニーなお顔立ち


b0207658_13573431.jpg

チータはなぜ地球上で最も早く走れるのかを解説した黒板
勉強になります。
by klooney | 2010-09-20 06:23 | セントルイス動物園

全米NO1セントルイス動物園 Others

b0207658_1114176.jpg


RedPandaも良いけど他の動物もね


b0207658_11345282.jpg

お尻の香りをかいで悦なご様子のカバさま
この園のカバの展示方法は泳いでいる様子もアクリルで目線で見えるようになっています。
しかも濾過装置も相当強力なものだと推察しました。


b0207658_11481368.jpg

普段なかなか目線はもらえないライオン
粘ってたらチラ見してくれました。
ライオン、タイガーのネコ目類は上から観察するように展示方法が設計されています。
檻越しに絶対見せないという徹底したポリシーがあるようです。
動物たちに敬意を表する展示方法を徹底している。
恐るべしセントルイスZOO!


b0207658_11542361.jpg

こちらも悦に入っている?SEALION
おそらく食後の満足感だと思われます、はい。


b0207658_1245511.jpg

Amur Tiger was swimming.
It looks like taking a bath.

この日は気温36度
皆様へばり加減が半端ではありませんでした。
by klooney | 2010-09-18 06:23 | セントルイス動物園

全米NO1=セントルイス動物園 4

b0207658_14224464.jpg

レッサーの展示はこんな感じです。
けっこうな大木です。


b0207658_1421553.jpg

木の上で遠くを見つめる。

b0207658_14205255.jpg

この子おすまししてるとけっこう可愛いね。
どなの?
b0207658_1432723.jpg

b0207658_14275567.jpg

b0207658_14283871.jpg

放飼場全体の様子はこんな感じで。


b0207658_14401336.jpg

それにしてもこの子、やはりニシレッサーかなあ??
by klooney | 2010-09-09 06:23 | セントルイス動物園