レッサーパンダ共和国

春は出会いと旅立ち

春は新しい息吹が目覚めるとともに渡鳥たちの北帰行の季節でもあります。

諏訪湖の餌場から北に帰る準備中のオナガガモの群れ
羽に鮮やかなグリーンの模様があるのがオス、それに寄り添うように半歩後ろから着いてゆく全体が茶色の斑模様がメス。
尾と首が他種のカモより長いのが特徴です。

b0207658_954614.jpg



オスのグリーンの模様は着地している時は見えにくいです。
つがいはいつも一緒で仲がむつまじい。おしどり夫婦というよりオナガガモ夫婦と言ってイイくらい。
こんな感じでいつもいちゃついてます。
b0207658_10153393.jpg

手はないけどこれが彼らのハグ??

何千キロという旅の前に羽を休め栄養を蓄える鳥たち
b0207658_10193345.jpg


白鳥の行動について回り人間が白鳥に与える餌のおこぼれに預かったりするちょっとずるいカモだったりもします(笑)
夫婦仲良いし餌には困らんし、繁殖力高いわけです(納得)
by klooney | 2011-04-24 06:23 | 野生動物